正しい保湿の方法を知りたい!

ニキビを防ぐには保湿は欠かせないといわれています。

 

美しい肌を作るには、正しい保湿方法を知っておくことが必要です。

 

ここでは、ニキビのできない美肌作りのための、正しい保湿方法をまとめてみました。

 

 

肌と水分保湿の関係

 

毎日ケアしているのに、どうしても乾燥してしまうことってありますよね。

 

もしかしたら、保湿方法が間違っているのかもしれません。

 

お肌はただ単に水分を補給すればよいというものではありません。正しい保湿方法を確認して実践することも、ニキビ予防と美肌作りには大切なことです。

 

 

肌はどのようにして保湿されるのか?

 

保湿とは、肌に必要とされる有効成分を肌内部の細胞にまでしっかりと送り込み、肌に水分を蓄えることです。

 

このとき、肌の組織が保湿成分をしっかり抱え込んで、十分な水分量を保てるようにしなければ、肌の保湿状態は継続しません。

 

肌の角層には、

 

  • 皮脂膜
  • 天然保湿因子
  • 角質細胞間脂質

 

のという3つの重要な部分があり、この層に水分を溜めることにより、お肌がうるおっている状態を実現しています。

 

この3つの中でも、角質細胞間脂質はとても重要です。この角質細胞間脂質は全体の50%を占めており、「セラミド」という脂質成分によって角層の間の水分を保っているのです。

 

うるおいのある健康的な美しい肌を作るためには、このセラミドが水分を保つ力を最大限発揮できるようにすることがとても重要です。

 

お肌の保湿をするということは、おもにこのセラミドを中心とした保湿成分を角層に届けて保持できるようにすることなのです。

 

日々のお肌のお手入れは、このはたらきの手助けをして保湿を完璧にすることだということを意識してみてくださいね。

 

 

セラミドの役割

 

角層の中でも、大切な肌の抵抗力やバリア力を生み出してくれているのが、「セラミド」を中心とした有効成分です。

 

角層は、肌のもっとも表面側にあるため、外部からの汚れやアレルギーの原因となる菌などの因子から私たちの肌を守っています。

 

しかし、この角層に対して”こする”という刺激を与えてしまうことによって、角層内部のセラミドを失ってしまうという事態になるのです。

 

いったんセラミドを失うと、再び回復するにはかなりの時間がかかる上、角層(皮膚の表面)が弱くなっってしまったことで、通常であればどういうこともない刺激に対しても敏感になってしまいます。

 

ひどい状態になると炎症を起こす場合もありますので、常に角層は健康な状態に保つように心がけたいものです。

 

 

化粧水だけでは…保湿とはいえません

 

肌はいくら保湿しても、普通に水分を与えただけでは蒸発してしまいやすいので、化粧水だけでは物足りません。

 

継承水等で水分補給したら、その後にしっかり乳液や美容液を使用することで、うるおいを肌に閉じ込めることが重要になります。

 

もしもどうしても疲れていたりして、きちんとしたスキンケアの段階をこなすのが面倒な時には、化粧水、乳液、美容液などを別々に補う必要のない「オールインワン」になったタイプのスキンケア化粧品を使うと楽ですね。

 

フェイスラインニキビ対策化粧品「メルライン」

上記でも述べたように、ニキビを防ぐための対策で一番重要なことは、「肌を保湿すること」です。

 

フェイスラインニキビ専用に開発された保湿ジェル「メルライン」は、繰り返すしつこい大人ニキビに直接はたらいて、ダイレクトに改善してくれます。

 

フェイスラインニキビ対策のメルラインはこちらです。

 

よかったら参考にしてみてくださいね。

関連ページ

肌のバリア機能
肌のバリア機能について詳しくまとめてみました。
乾燥肌・大人の敏感肌とは
乾燥肌・大人の敏感肌とはどんな状態なのでしょうか。乾燥肌・大人の敏感肌と大人ニキビとの関係、大人の敏感肌の原因と対策、おすすめのスキンケア化粧品についても詳しくまとめてみました。
オイリー肌とは
オイリー肌は、脂性肌、テカリ肌、脂肌などともいいます。オイリー肌とはどんな状態なのでしょうか。オイリー肌の原因や対策などについてまとめてみました。
女性ホルモンと美肌の関係
女性ホルモンは、ニキビの予防や美肌にとても関連しています。女性ホルモンと美肌の関係をまとめてみました。
美肌効果のある食事と栄養素
美肌効果のある食事と栄養素について詳しくまとめてみました。