女性ホルモンと美肌の関係って?

女性ホルモンは、ハリのある美しい肌を作るのに欠かせないホルモンです。

 

このページでは、ニキビ予防や美肌にとても関連のある女性ホルモンについてまとめてみました。

 

 

女性ホルモンとは?

女性ホルモンは、美肌づくりにかかせないホルモンであるだけでなく、毎日活動的で精神的に充実した生活を送るために、とても大切なものです。

 

一生のうちに分泌される女性ホルモン量はとても少なく、わずかティースプーン1杯分程度であるといわれています。

 

女性ホルモンは「エストロゲン」と「プロゲステロン」

女性ホルモンは卵巣から分泌されるもので、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2種類があります。

 

エストロゲン

卵巣から分泌されるエストロゲンは、真皮層の働きを活発にしてくれ、肌のハリや弾力を高めます。その作用によって、シワやたるみの予防をしたり、髪の成長といった働きも促します。

 

また骨を強くするなどの作用もあり、メリットが多いエストロゲンですが、妊娠などによって増加すると、メラノサイトの活動を活発にしてしまいます。これにより、シミやソバカスが増えてしまう場合があります。

 

また、エストロゲンは年齢とともに減少してくるのが特徴ですが、それにともなって皮膚が老化したり、更年期障害や骨粗しょう症の原因になることもあるといわれています。

 

プロゲステロン

排卵後に卵胞が変化すると「黄体」になりますが、プロゲステロンはこの黄体から分泌されます。プロゲステロンには皮脂の分泌を増やす作用や、胃腸のぜん動運動を鈍化させるという作用があります。

 

生理前になるとお肌の調子が悪くなるというのは、多くの人が経験したことがあると思います。これは、プロゲステロンの影響によるものだったのですね。

 

生理前や更年期に肌荒れがひどくなる理由

女性ホルモンが乱れると、身体にさまざまな不快な症状が現れてきます。たとえば、頭痛、生理不順、自律神経の乱れによるイライラ、肌荒れやニキビなどです。

 

更年期には卵巣機能の低下が起こりやすくなります。それにともなって女性ホルモンも減少してしまいますので、ニキビや肌荒れが出現しやすくなるのです。

 

また、更年期にはターンオーバーが遅くなってくるため、肌のバリア機能が低下してしまいます。この時期に、かゆみやかぶれなどの肌トラブルが増えるのは、このターンオーバーの乱れによる肌の乾燥が原因です。

 

生理前にも、同じようなターンオーバーの乱れが起きる場合があります。また、強いストレス状態でもこういった肌トラブルが起こりやすくなります。

 

このような肌トラブルを防ぐには、肌に大切な保湿を心がけたり、食事面で気を付けたりすると同時に、できるだけストレスのない生活習慣を心がけることも大切です。

 

ホルモンが正常に分泌されるように保つことはとても重要なことですが、そのためには、規則正しい生活を送ったり、ストレスをためないようにして、からだに負担のかからない生活習慣を送ることがとても大切です。

 

また、生理前から生理中にかけての時期、女性の体内では皮脂の分泌がとても盛んになりますが、これはプロゲステロンの影響によるものです。

 

この影響で、女性の肌はとても敏感になり、フェイスラインなどに大人ニキビができたりすることにつながります。

 

 

フェイスラインニキビ対策化粧品「メルライン」

フェイスラインニキビ対策で一番重要なことは、「肌を保湿すること」といわれています。

 

フェイスラインニキビ専用に開発された保湿ジェル「メルライン」は、繰り返す大人ニキビをダイレクトに改善してくれます。

 

フェイスラインニキビ対策のメルラインはこちらです。

 

よかったら参考にしてみてくださいね。

関連ページ

肌のバリア機能
肌のバリア機能について詳しくまとめてみました。
乾燥肌・大人の敏感肌とは
乾燥肌・大人の敏感肌とはどんな状態なのでしょうか。乾燥肌・大人の敏感肌と大人ニキビとの関係、大人の敏感肌の原因と対策、おすすめのスキンケア化粧品についても詳しくまとめてみました。
オイリー肌とは
オイリー肌は、脂性肌、テカリ肌、脂肌などともいいます。オイリー肌とはどんな状態なのでしょうか。オイリー肌の原因や対策などについてまとめてみました。
正しい保湿方法
ニキビを防ぐには保湿は欠かせないといわれています。美しい肌を作るには、正しい保湿方法を知っておくことが必要です。ここでは、ニキビのできない美肌作りのための正しい保湿の方法をまとめてみました。
美肌効果のある食事と栄養素
美肌効果のある食事と栄養素について詳しくまとめてみました。