オイリー肌とは?

オイリー肌とは、脂性肌のことをいいます。そのほかにも、テカリ肌、脂肌などと呼ばれることもあります。

 

お肌の肌質はおもに、以下のの4つに分類されるといわれています。

  • 普通肌
  • 乾燥肌
  • 脂性肌(オイリー肌)
  • 混合肌

中でもオイリー肌は、深刻な肌トラブルを引き起こしやすい肌質だといわれています。オイリー肌は、皮脂の分泌が何らかの原因で過剰になっている肌のことをいうのです。

 

一見すると、オイリー肌の逆の状態は「乾燥肌」のような印象を受けますが、オイリー肌でも乾燥しているというケースもあるので、最近ではこの特別な状態を、「オイリードライ肌(脂性乾燥肌)」と呼ぶ場合もあります。

 

自分はオイリー肌なのだということで毎日ケアしていても、乾燥が並行して起きている場合もありますので、その場合は肌の状態にあったケアが必要になってきます。

 

とくにオイリー肌の人は、大人ニキビや肌荒れを起こしやすく、フェイスラインや顎周りのトラブルが起きやすい人が多いので、ケアの方法にも注意するようにしましょう。

 

 

オイリー肌によくある肌トラブルとは?

 

オイリー肌の方は、ふだんからお肌の悩みが尽きませんよね。

 

だからといって、何の対策も取らないで放置していると、大人ニキビや赤ら顔などの更なる肌トラブルの原因にもなってしまいかねません。

 

ここではまず、オイリー肌によく見られる肌トラブルをまとめてみました。

 

1.肌のテカリ

オイリー肌の人が「自分はオイリー肌かもしれない・・・」と自覚し始めるのはどんなタイミングなのでしょうか。

 

思春期の頃というのは、ホルモンバランスの乱れや外的要因の影響などで、男性ホルモンの分泌が急に活発になって、皮脂の分泌も過剰になりやすい時期だといわれています。

 

この時期に皮脂や汚れが肌にたまってしまったり、新陳代謝も活発になることで、よけいに肌がテカるようになり、オイリー肌を自覚し始める人は少なくないかもしれません。

 

そのまま大人になり、適切な対策も取らないままにしていると、更に重度の肌トラブルを招くことにつながりかねませんので、できるだけ早く対策を始めるようにしましょう。

 

大人になると、毎日のお化粧や不規則な生活習慣の要因なども重なって、肌の状態をさらに悪化させている場合もあります。

 

2.毛穴の黒ずみ

鼻の頭のよくみられる毛穴の黒ずみは、一般的に「いちご鼻」と呼ばれたりして、オイリー肌の人の代表的な悩みだったりします。

 

顔の中でも、おでこと鼻筋を合わせたTゾーンと呼ばれる部位は、もともと皮脂の分泌量が多いこともあって、かなり皮脂や汚れがたまりやすいパーツです。

 

とくに鼻の毛穴は外部にさらされやすく広がりやすいうえに、うっかり手で触ることも多いので、黒ずみが目立ちやすくなります。

 

3.ニキビ

ニキビがどうして起きるかというと、肌に存在するアクネ桿菌という細菌が、肌の表面や毛穴にたまっている皮脂を栄養にしながら異常に増殖しているからです。

 

そもそもアクネ桿菌はどんな肌質の人にも存在していますが、とくにオイリー肌の人は、正常な肌質の人よりもアクネ桿菌を増殖させやすいといわれます。

 

成長期のホルモンバランスの乱れが原因でできてしまう10代の人のニキビを「思春期ニキビ」といいますが、たいていは時間がたてば自然におさまってくるものです。

 

それに対して、20代以降にできるニキビを「大人ニキビ」と呼びます。こちらの原因にもホルモンバランスの乱れは挙げられますが、大人ニキビの場合はそのほかにも様々な原因があり、なかなか治りにくく繰り返しやすいものとされます。

 

ニキビの種類とは?

ニキビは色によって、

  • 白ニキビ
  • 黒ニキビ
  • 赤ニキビ
  • 黄ニキビ

と呼ばれることがあります。

 

白ニキビの段階は、ニキビができた初期の頃なので、毛穴が皮脂や汚れで詰まり白く見えている状態ですが、炎症はまだ起こしていません。この段階で適切なスキンケアを行えば、きれいに治る可能性があります。

 

黒ニキビは、白ニキビの次の段階です。毛穴に詰まった皮脂汚れなどが表面に出てきており、酸化した皮脂が黒ずみになっている状態のニキビです。

 

赤ニキビになると痛みを伴うことが多く、炎症をおこしている状態です。ニキビの内部に皮脂の塊が閉じ込められていて、触ったりつぶしたりしないほうがよい状態です。

 

黄ニキビは、さらにニキビが進行して嚢胞(のうほう)や結節になってしまったものが黄色く見えている状態です。ここまでくると、ニキビを治しても、跡が残ってしまう可能性があります。

 

 

オイリー肌の原因

皮脂が過剰に分泌されてしまう状態をオイリー肌というのですが、その原因は何なのでしょうか。

 

皮脂は、皮膚の皮脂腺から分泌されます。この皮脂腺が刺激されると、皮脂分泌が活発になります。思春期頃に皮脂腺が刺激される原因は、おもに性ホルモン(男性ホルモン)によるものです。

 

しかし、大人のオイリー肌では、一般的な原因というものはありません。

 

ここでは、大人のオイリー肌における皮脂分泌が過剰となるさまざまな原因を挙げていきます。

 

ホルモンバランスの乱れ

まず挙げられるのは、思春期のオイリー肌の原因と同じく、ホルモンバランスの乱れです。生理前になるとお肌が脂っぽくなるのも、ホルモンバランスの乱れが原因といわれます。

 

皮脂分泌を促進させる主なホルモンは、男性ホルモンと、生理前に分泌される黄体ホルモンです。このホルモンバランスが崩れることが、皮脂の過剰分泌につながるのです。

 

間違ったスキンケア

20代以降の大人になると、肌のターンオーバー(肌の再生機能)の周期が年々長くなってきて、肌の回復が遅くなります。また乾燥しやすく水分を保ちにくい肌構造へと変化しやすくなります。

 

このような年代の肌状態に合わせたスキンケアを正しく行うことが必要になるのですが、間違った方法でスキンケアを行っていると、オイリー肌の状態がますます悪化してしまい、皮脂が過剰に分泌されることにつながります。

 

生活習慣が不規則になっている

 

生活習慣とは、睡眠やストレス状態、喫煙の習慣などのことです。これらの生活習慣が不規則になると、皮脂の分泌が過剰となり、オイリー肌の状態が悪化する原因になります。

 

また、大人ニキビや肌荒れも起こしてしまう場合も多いため、規則的な生活を心がけましょう。

 

かたよった食生活や栄養バランス

栄養バランスの整った食生活は、健康な肌状態にとって、とても大切なものです。皮脂の分泌量を適性にコントロールする栄養素や、逆に皮脂の分泌を促すような食品もあります。

 

かたよった食生活を続けたり、皮脂の分泌を促す食品を過剰に摂取していると、皮脂分泌が過剰となってオイリー肌になってしまうことがあるので、注意が必要です。

 

オイリー肌のケア方法

保湿の徹底と、オイルフリーのスキンケアがポイント!

 

オイリー肌のためにニキビなどの肌トラブルが起きている場合、保湿は第一に欠かせませんが、それと同時に、できるだけ油分の少ない、できればオイルフリーのスキンケア用品を使用することをオススメします。

 

もちろん、丁寧な洗顔は欠かせませんが、オイリーだからといって皮膚の油脂分を取り除きすぎてしまうと、よけいに皮脂の過剰な分泌を促してしまいますので、ある程度の皮脂は残しておくようにすることも大切です。

 

 

フェイスラインニキビ対策化粧品「メルライン」

フェイスラインニキビ対策で一番重要なことは、「肌を保湿すること」といわれています。

 

フェイスラインニキビ専用に開発された保湿ジェル「メルライン」は、オイリー肌で大人ニキビにお悩みの方にも最適なニキビケアジェルです。

 

繰り返す大人ニキビに対して、ダイレクトに改善してくれます。

 

フェイスラインニキビ対策のメルラインはこちらです。

 

よかったら参考にしてみてください。

関連ページ

肌のバリア機能
肌のバリア機能について詳しくまとめてみました。
乾燥肌・大人の敏感肌とは
乾燥肌・大人の敏感肌とはどんな状態なのでしょうか。乾燥肌・大人の敏感肌と大人ニキビとの関係、大人の敏感肌の原因と対策、おすすめのスキンケア化粧品についても詳しくまとめてみました。
正しい保湿方法
ニキビを防ぐには保湿は欠かせないといわれています。美しい肌を作るには、正しい保湿方法を知っておくことが必要です。ここでは、ニキビのできない美肌作りのための正しい保湿の方法をまとめてみました。
女性ホルモンと美肌の関係
女性ホルモンは、ニキビの予防や美肌にとても関連しています。女性ホルモンと美肌の関係をまとめてみました。
美肌効果のある食事と栄養素
美肌効果のある食事と栄養素について詳しくまとめてみました。