メルラインの成分

メルラインの全成分を以下に表示します。

 

メルラインは化粧下地にも使えるほど、なめらかで使い心地の良いオールインワンジェルですが、その成分も、お肌によい働きをするといわれる成分が凝縮されています。

 

商品名 メルライン
有効成分 ●グリチルリチン酸2K…抗炎症作用・ニキビ予防・抗アレルギー作用

●水溶性プラセンタエキス…新陳代謝の活性化・美白成分・活性酸素の発生抑制と除去

その他の成分 ●3-0-エチルアスコルビン酸…美白成分

●ビサボロール…抗炎症作用・抗菌作用・抗真菌性・消炎・抗アレルギー作用
●米糠抽出物加水分解液A…美白成分
●水溶性コラーゲン液-4…高粘度高保湿成分・ハリを保持
●ヒメフウロエキス…紫外線によるコラーゲン破壊をカバー・ハリを保持
●ヒアルロン酸Na-2…高保湿成分
●アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム…真和性のあるヒアルロン酸
●加水分解ヒアルロン酸…角質浸透力のあるヒアルロン酸
●トレハロース…保湿成分・細胞保護作用
●ステアロイルフィトスフィンゴシン…角質の水分保持
●濃グリセリン…保湿成分
●トリメチルグリシン…角質の水分保持
●エチルヘキサン酸セチル…エモリエント・水分の蒸発を抑制
●ステアリン酸POE(20)ソルビタン…乳化剤
●カルボキシビニルポリマー…粘度調整剤
●水酸化K…乳化剤
●キサンタンガム…増粘剤

●ジメチコン…保湿成分
●天然ビタミンE…肌再生サイクルのサポート作用
●BG…保湿成分
●1,2−ペンタンジオール…保湿成分・抗菌作用
●フェノキシエタノール…防腐剤
●香料…ティートリー(アロマオイル)
●精製水

効能・効果 肌荒れ。あれ性。あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・にきびを防ぐ。油性肌。かみそり負けを防ぐ。日焼け、雪やけ後のほてりを防ぐ。肌をひきしめる。肌を清浄にする。肌を整える。皮膚をすこやかに保つ。皮膚にうるおいを与える。皮膚を保護する。皮膚の乾燥を防ぐ。メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ。

 

↓メルラインの箱に書かれていた全成分表示です↓

メルラインの成分

 

メルラインの成分の効果とは?

メルラインは医薬部外品であり、その有効成分は、ニキビの炎症や赤みを和らげる「グリチルリチン酸2K」と「水溶性プラセンタ」です。

 

また、その他の成分としても、水溶性コラーゲンやBG、ヒアルロン酸などの保湿成分が10種類、集中的に高濃度配合されていますので、お肌をぷるぷるに保ってくれるんです。

 

メルラインの成分

 

 

メルラインには高級美容化粧品と同等かそれ以上の成分が配合されていますので、多くの女性に支持されるような効果を発揮できるんですね。

 

メルラインのそれぞれの有効成分や10種類の成分の効果を以下にまとめました。

 

 

グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2Kは別名グリチルリチン酸ジカリウム、グリチルリチン酸ニカリウムとも呼ばれています。ニキビケア化粧品によく含まれている成分なのでご存知の方も多いかもしれませんね。

 

例を挙げると、プロアクティブ(proactiv+)、オルビス(ORBIS)、薬用ビューネ、ファンケル アクネケア化粧液、ドクターシーラボ、オードムーゲ、ニュースキン(Nu Skin)、アルビオン(ALBION)、エテュセなどなど。

 

このように多くのニキビケア用品で採用されていて、敏感肌用の化粧品にもよく含まれている成分です。

 

グリチルリチン酸2Kは漢方薬の「甘草(かんぞう)」の根や茎から抽出された生薬成分です。グリチルリチン酸2Kの効果としては、次のようなものがあります。

  • 抗炎症作用…炎症を押さえる働きがあるので、赤ニキビの炎症を抑えてニキビが発生しにくい肌へと導いてくれます。皮膚科でもよく使われています。
  •  

  • 抗アレルギー作用…アレルギー反応の抑制作用があるといわれています。

 

副作用も気になるけど…

グリチルリチン酸2Kはとても効果が高い成分といわれているので、副作用が気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

グリチルリチン酸2Kは、ステロイドと同じような副作用が出る場合があるといわれることもありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

実は、医薬部外品では成分の配合量がきっちり決められているので、正しい用法用量を守って使用すれば、そのような副作用が起こる可能性はまずないといえます。

 

メルラインの効果を十分に得るために、まずは正しい使い方を心がけるようにしましょう。

 

水溶性プラセンタエキス

水溶性プラセンタエキスの原料となるプラセンタは胎盤から抽出した成分で、美容効果やアンチエイジング効果があるといわれているものです。また、アミノ酸、ミネラルや核酸関連物質などを豊富に含むといわれています。

 

このプラセンタを水溶性にしてより安定化し、肌に吸収されやすくした成分が水溶性プラセンタエキスです。

 

水溶性プラセンタエキスの効果や特徴には次のようなものがあります。

 

  • 美白効果…新陳代謝を活発にしてくれるので、メラニン生成を抑制したり、メラニン色素の排出を促したりしてくれます。
  •  

  • しみ、シワ、たるみを防ぐ…肌の真皮にあるコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどの生成を促し、活性化してくれます。
  •  

  • 活性酸素を抑える…活性酸素が過度に発生されるのを抑制してくれるので、活性酸素によるコラーゲンの破壊を防ぎ、酸化防止してくれます。
  •  

  • 細胞を活性化する…肌細胞の呼吸が活性化されて、新陳代謝を高めることができます。新陳代謝が高まれば、皮膚の血流改善につながるので、滞っていた老廃物が排出され、肌にハリやツヤが生まれます。

 

水溶性プラセンタは美白をサポートしてくれる成分です。この美白成分のため、紫外線によるシミやそばかすができるのを予防し改善してくれます。

 

また、肌がもっている透明感を引き出し、肌本来の白さを復活させてくれるので、メルラインを使い続けるごとにワントーン明るい肌にしてくれるのです。

 

メルラインには水溶性プラセンタエキスだけでなく、多くの美白サポート成分が含まれていますので、メルラインひとつでお肌の悩みのあれこれに応えることができ、ひとつひとつ改善してくれるのです。

 

メルラインに含まれる水溶性のプラセンタ以外に美白効果のある有効成分は、加水分解コメヌカエキス、V.C.エチル、ピサボロールなどがあり、これらがメラニンの生成を抑えて黒ずみの発生を防いでくれます。

 

最近では、このプラセンタエキスはいろいろな美容ケア用品やサプリメントに採用されています。

 

メルライン以外にも、リプロスキン、ルナメアAC、NonA(ノンエー)、DHCプラセンタ2ヒアルロン酸4ウォータージェル、フラコラのWHITE´stプラセンタエキス原液、ビービーラボラトリーズの水溶性プラセンタエキス原液などに含まれています。

 

水溶性プラセンタエキスのサプリメントには、フラコラ プラセンタ5000、スノーヴァ、CoCoRoプラセンタ、セレスキン、MEJエイジングリペア、DHCプラセンタなどがあります。

 

独自抽出成分の「ビオカタライザープラセンタ」

ビオカタライザープラセンタは、通常のプラセンタよりも高い純度、高濃度のエキスなのだそうです。

 

長年の研究から開発されたメルライン独自の抽出法で抽出されていて、健康な肌をサポートする効果をさらに高めてくれます。

 

あごニキビの原因にはターンオーバーの乱れが大きく関係していますが、独自抽出のビオカタライザープラセンタは、ターンオーバーを改善してくれるのです。メルラインは「保湿」だけではないってことですね。

 

このビオカタライザープラセンタによって、メラニンを抑制する美白作用や、皮膚への保湿はもちろん、皮膚組織の機能構築、ターンオーバーの乱れを改善し、健康な肌サイクルを促進します。

 

また、お肌の老化予防、美白効果といったエイジングケアまでサポートします。皮膚の自然治癒力を補い、血行促進、新陳代謝を促してくれるので、しみ、しわ、たるみの改善にも効果があるそうです。

 

天然ビタミンE成分も配合されているので、抗酸化作用によって肌の老化を防ぎ、肌再生サイクルをより強力にサポートしています。

 

メルラインの保湿効果のヒミツは「水溶性コラーゲン」や「ヒアルロン酸」だけじゃない!

 

水溶性コラーゲンやヒアルロン酸などの同じみの美容成分だけでなく、アセチル化ヒアルロン酸、濃グリセリン、加水分解ヒアルロン酸、トレハロース、1,2ヘキサンジオール、トリメチルグリシン、ステアロイルフィトスフィンゴシン、BGなども配合しているため、多面的に乾燥を防ぎ、肌の保湿力を高めます。

 

こうした成分が乾燥を防ぎ、また細胞の保水力を高め、また皮膚の奥深くに浸透して、肌の中の潤いを守ってみずみずしい健康的な肌を復活させます。あごニキビの原因のひとつは、こうしたフェイスラインには汗腺が少ないために、乾燥しやすくなっていて、皮脂が過剰に分泌されやすくなっていることにあります。

 

メルラインでは、皮脂の原因となっている乾燥を保湿によって防ぎ、そしてただ乾燥を防ぐだけではなく美しく潤いのある肌に作っていきます。他の美容品と比べても10種類もの保湿成分を使っていることはなく、そのため同種の製品よりも圧倒的な保湿効果を発揮するのです。

 

水溶性コラーゲン液-4

水溶性コラーゲンには次のような効果があります。

 

  • リフトアップ効果
  • 保湿効果
  • 肌をなめらかに保つ

 

水溶性コラーゲン液とは、肌の弾力を保つコラーゲンを水に溶けやすくしたもので、肌の状態をなめらかにし、ハリや弾力のある状態に整えて保湿する効果があります。

 

また、水溶性コラーゲンには肌の細胞をしっかりと支える働きもあるため、このコラーゲンを肌に取り込むことで、シュッとした美しいフェイスラインにしてくれる効果もあるのです。

 

つまりメルラインには、たるんでしまったはりのないフェイスラインやあごを引き締めてリフトアップする効果があり、顔を小さく見せる小顔効果があるということ。これはうれしいですね!

 

ヒアルロン酸Na-2

ヒアルロン酸Na-2の効果は次のとおりです。

 

  • 皮膚のしなやかな弾力を保つ
  • 肌をみずみずしく保つ高い保水力
  • 保湿効果

 

ヒアルロン酸Na-2はべたべたしすぎない軽い粘度のある成分で、粒子は大きめです。そのため肌の内部には浸透しませんが、肌の表面で保護膜を作って肌の表面の水分をしっかり保持し、水分蒸発を防いでくれます。

 

アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム

アセチル化ヒアルロン酸ナトリウムには次のような効果があります。

 

  • 角質柔軟効果
  • 高い保湿効果・保水力
  • 肌の水分量を一年中一定に保つ

 

アセチル化ヒアルロン酸ナトリウムはスーパーヒアルロン酸ともいわれます。通常のヒアルロン酸の2倍の保湿・保水効果があるとされるアセチル化ヒアルロン酸ナトリウムは、肌の皮脂膜としっかりなじんで水分の蒸発を防ぎます。

 

また、長時間にわたって高い保湿効果が続き、肌の水分量を一年中保つことができるので、季節を問わず重宝する成分といえます。

 

加水分解ヒアルロン酸

加水分解ヒアルロン酸の効果は次のとおりです。

 

  • 角質柔軟効果
  • 高い保湿効果・保水力
  • 肌の弾力を蘇らせる効果

 

ヒアルロン酸は優れた保湿効果や弾力性を持つ物質で、ヒアルロン酸1gで6Lもの水分を保持できるといわれています。

 

しかし、ヒアルロン酸の分子は大きいので、コラーゲンを多く含む食品を摂取しても体内に吸収されにくいというデメリットがありました。

 

そこでヒアルロン酸の分子を低分子化し、肌の内部に浸透しやすく改良されたのが加水分解ヒアルロン酸なのです。

 

加水分解ヒアルロン酸は保湿効果だけでなく、加齢と共に減少する肌内部のコラーゲン組織に弾力を与えてくれるので、アンチエイジング効果もあります。

 

濃グリセリン

濃グリセリンは、濃度98%以上の非常に粘度の高い保湿成分で、通常のグリセリンは84〜87%なので、高純度グリセリンと呼ばれることもあります。

 

また、もともと人間の体内にある成分でもあるので、とても安全性が高いといわれており、化粧品によく使われる保湿成分です。

 

トリメチルグリシン

トリメチルグリシンは、てんさいやサトウダイコンなどの植物から抽出される保湿効果の高い成分で、別名ベタインとも呼ばれます。

 

植物から抽出されているので、食品添加剤としても使用されることが多く、非常に安全性の高い保湿成分です。

 

吸湿性が高く、水分を内部にしっかりと溜め込む効果があり、ベタベタしないさらっとした使用感が特徴です。

 

トレハロース

トレハロースには驚異的な保湿効果があります。

 

食品の干ししいたけや干しわかめなどは、カラカラの乾燥状態であっても水に浸けると、元通りのみずみずしい状態に戻ります。これは、しいたけやワカメに保水力の高いトレハロースが含まれているためです。

 

このように、トレハロースには高い保水力があると同時に、肌細胞を保護してくれる効果があります。

 

トレハロースは、1994年に岡山県のバイオ企業の林原グループが新しい抽出法を開発したことにより、以前はかなり高価だったものが、安価で手に入るようになりました。

 

以来トレハロースは私たちの身近な成分になり、今ではさまざまな化粧品、食品、甘味料、添加物などに使われています。化粧品では、ちふれ化粧品など多くのコスメメーカーの化粧品に含まれています。

 

米糠抽出物加水分解液A

米糠抽出物加水分解液Aには次のような効果があります。

 

  • くすみを除去しハリ・ツヤをもたらす
  • 保湿効果
  • 肌荒れ予防効果

 

米糠抽出物加水分解液Aは米ぬかから抽出した成分です。米ぬかにはビタミンや鉄分、アミノ酸、脂質など、美容効果の高い成分が多く含まれています。

 

米糠抽出物加水分解液Aは、肌を乾燥や肌荒れから守りながら余分な汚れを取り除き、角質層のくすみを除去して肌の代謝を促してくれるので、天然の界面活性剤ともいわれています。

 

ジメチコン

ジメチコンは別名をビニルジメチコン、メチルポリシロキサン、デカメチルテロラシロキサンなどともいいます。ジメチコンの効果には以下のようなものがあります。

 

  • 高い保湿効果
  • 成分を安定させる作用

 

ジメチコンはケイ素由来のシリコンオイルの一種で、さまざまな無添加化粧品にも数多く配合されており、保湿効果がとても高いのが特徴です。

 

またジメチコンには成分を安定させる作用があり、ジメチコン自体も変質が少なく非常に安定した成分といえます。揮発性もあるのでベタつきがなく、さらっとした肌なじみのよい使用感が特徴です。

 

ステアロイルフィトスフィンゴシン

ステアロイルフィトスフィンゴシンには次のような効果があります。

 

  • 乾燥肌の改善
  • シワができるのを予防する
  • アトピーの改善

 

ステアロイルフィトスフィンゴシンはセラミド3と呼ばれ、非常に高い保湿効果がありますが、加齢とともに減少しやすい成分でもあるため、アンチエイジングケア化粧品に含まれていると大変効果的です。

 

BG

BGはアルコールの一種で、ブチレングリコールの略です。BGには下記のような効果・作用があります。

 

  • 保湿効果
  • 抗菌効果
  • エキス抽出作用

BGはアルコールの一種とはいっても、非常に低刺激で安全性の高い成分です。

 

植物エキスやプラセンタなど他の成分エキスを抽出する時に、エタノールを用いて抽出すると、肌が弱い人には刺激になってしまいます。

 

その刺激を軽減するため、低刺激で安全性の高いBGを使用することが多いのです。このような理由で、BGは敏感肌用の化粧品によく使われています。

 

1,2−ペンタンジオール

1,2−ペンタンジオールは、ノンパラベン化粧品によく使われる成分であり、少量でも高い抗菌力を発揮してくれます。保湿効果と抗菌効果があるとされます。

 

エチルヘキサン酸セチル

エチルヘキサン酸セチルはエモリエント成分です。エチルヘキサン酸セチルには、以下のような効果があります。

 

  • 肌を整え柔らかく保つ
  • 肌表面の保護効果

 

エチルヘキサン酸セチルには、肌表面を整えて柔らかくしながら、肌表面に油分で膜をつくって水分蒸発を防ぐ効果があります。

 

肌は、水分を与えただけで保護しないと、すぐに蒸発して水分がなくなってしまいます。

 

エチルヘキサン酸セチルは保湿力のある膜を肌表面に作り、肌の内部の水分を逃がさないようにしてくれるので、柔らかく潤いのある肌を保ってくれます。

 

ヒメフウロエキス

ヒメフウロとは「姫風露」と書き、学名はGeranium robertianum だそうです。ヒメフウロエキスは美肌成分で、以下のような効果があります。

 

  • 小じわ、たるみ、乾燥の改善
  • 肌の弾力性をアップさせハリを保つ
  • 美肌効果

 

ヒメフロウエキスは、光による老化を引き起こすとされるコラーゲン破壊成分コラゲナーゼの働きを抑制するといわれます。つまり、紫外線によるコラーゲンの破壊をブロックして、ハリを保ってくれるんですね。

 

肌の小じわやたるみや乾燥は、紫外線などの外的ストレスが原因で起こるといわれます。フェイスラインやあごは外的刺激を受けて傷みやすい箇所ですが、ヒメフロウエキスはそのダメージを予防してくれる効果があるのです。

 

3-0-エチルアスコルビン酸

3-0-エチルアスコルビン酸は、ビタミンC誘導体といわれる美白効果のある成分です。皮膚浸透性や安定性に非常に優れていて、効率よく肌に作用してくれます。

 

ビサボロール

ビサボロールは、カミツレ(カモミールともいう)の花から抽出される精油に含まれている成分です。ビサボロールの効果には以下のようなものがあります。

 

  • 抗刺激・抗アレルギー作用
  • 消炎・抗炎症・抗菌作用
  • 肌荒れ・しわ・たるみ防止効果
  • 保湿効果
  • 美白効果

 

ビサボロールは、実は古くから世界中で薬用成分として使われています。刺激の少ない穏やかな成分なので、敏感肌の方はもちろん、小さいお子さんにも安心して使える成分なのです。

 

メラニンの生成を抑制したりする美白効果はもちろん、消炎作用や抗アレルギー作用も期待できる安全性の高い成分です。

 

天然ビタミンE

ビタミンEといえば、なんといってもアンチエイジング効果が期待できる美容成分です。次のような効果がとくに高いといわれます。

  • 抗酸化作用
  • 毛細血管の血流を改善
  • 肌荒れ予防

 

ビタミンEには「合成」、「天然型」、「天然」の3種類があります。中でも最も高い効果があるとされるのが、天然ビタミンEです。

 

天然ビタミンEはヒマワリ種子の油などから採取されます。食品ではナッツ類にもっとも多く含まれるといわれる、美容やアンチエイジングに欠かせない成分です。

 

ティー・トリー

メルラインには「ティー・トリー(ティー・トゥリー)」というアロマオイル(香料)が配合されています。

 

ティー・トリーには次のような効果が期待できます。

 

  • 精神安定・リラックス効果
  • 抗炎症作用
  • 鎮痛作用
  • 抗菌・殺菌・消臭効果

 

ティー・トリーは古くから、非常に強い生命力を持った樹木として知られ、オーストラリアの先住民族のアボリジニの間では、健康によい植物なので常備薬として使われていた製油です。

 

香料としてはとてもさっぱりとしたさわやかな香りで、心を穏やかに保ち、精神を安定させる効果があるといわれています。

 

このティー・トリーの清潔感のある香りは、気持ちに安らぎとリフレッシュ効果をもたらし、リラックスさせてくれるため、身体に様々な良い効果をもたらしてくれます。

 

また、ティー・トリーは天然成分のアロマオイルなので、化粧品に配合しても化粧品臭さが全くなく、非常に使い心地のよい香りに仕上がります。

 

メルラインに含まれる効果の高いその他の成分

その他にも、オールインワンジェル「メルライン」には、次のような効果を発揮してくれる、欠かせない成分が含まれています。

 

ステアリン酸POE(20)ソルビタン

ステアリン酸POE(20)ソルビタンは安全な天然由来の界面活性剤です。

 

 

カルボキシビニルポリマー

カルボキシビニルポリマーはジェル状化粧品に使われる成分で、製品を安定させ、粘度を保つ役割をもつ水溶性高分子化合物です。

 

ジェルの成分や粘度を分散させて安定化する目的で使われるもので、製品内の雑菌の繁殖防止や劣化防止にも優れている成分です。

 

水酸化K

水酸化Kは水酸化カリウムのことで、製品のph調整剤、ゲル化剤、中和剤として使われる成分です。

 

肌を柔らかくする作用があり、さまざまなスキンケア商品で使われています。石けんやシャンプー、乳液、クリーム、美白クリームなどにはよく使われます。

 

アルカリ性なので安全性を心配する方もいるようですが、濃度が高いわけではなく、他の含有成分をり中和したり分解したりして製品を作るために使用されるので、皮膚や身体に刺激や強い影響があるわけではありません。

 

キサンタンガム

キサンタンガムは食品添加物としても使用される、安全性の高い成分です。製品内の成分が分離しないように安定させる安定剤や、粘度を出すための成分として使われています。

 

プリンやゼリーなどの食品、ソースやケチャップなどの調味料にも使用されていますが、温度が変わっても粘性が劣化しないので、化粧品にも安心して使用されています。

 

フェノキシエタノール

フェノキシエタノールは防腐剤で、化粧品の成分を腐敗させないために使われています。

 

防腐剤無添加の化粧品でないと毒性が心配で使えない、と考える方もいらっしゃると思いますが、防腐剤を含まない化粧品はそもそも非常に傷みやすく、常温保存は難しいものです。

 

天然の防腐剤を使用すればよいという意見もありますが、その天然防腐剤も非常に酸化しやすいので、短い期間でもすぐに酸化してしまいます。

 

その酸化してしまった天然防腐剤を肌に付けてしまうと、それがもとでシミやシワなどの肌トラブルの原因になりかねません。このような使用理由を事前に知っておくだけでも安心感が違うかと思われます。

 

メルラインは敏感肌でも大丈夫な無添加製法です!

メルラインがおすすめできる理由は、もちろん、ニキビに効果的な有効成分が豊富に配合されていることにありますが、それだけではありません。

 

メルラインの有効成分はとてもたくさんありますが、その逆に、着色料や合成香料・鉱物油・石油系界面活性剤・パラベンといった添加物は全く配合されていないため、お肌への刺激は最小限に抑えられています。

 

あごやフェイスラインは非常にデリケートな部分ですので、ニキビケアはもちろんのこと、敏感肌、乾燥肌、混合肌対策としても、安心して使えるような仕様になっているのですね。

 

メルラインは、このような成分配合から成り立っているので、ニキビの発生や悪化を防ぐように効果的にはたらいてくれるうえ、さらにお肌をツルツル潤った状態に整えてくれるのだといえます。

 

メルラインが分類されている医薬部外品とは

薬事法では、一般的なニキビケア商品は、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3つに分類されています。

 

  • 医薬品・・・病気の「治療」を目的とした薬
  • 医薬部外品・・・厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分を使用されているもの
  • 化粧品・・・治療目的ではなく、防止や衛生を目的として作られているもの

 

上記のような分類がなされているので、より効果の高い製品を選びたい場合には、「化粧品」よりも「医薬部外品」を選ぶほうがよいということになります。

 

効果が大きい順に並べると、

 

医薬品 > 医薬部外品(薬用化粧品) > 化粧品

 

ということになります。

 

メルラインは医薬部外品ですので、ニキビ改善により効果が高い商品として、安心してお使いいただけるのです。

 

 

フェイスラインニキビ対策のメルラインはこちらへ。